P2Vした後の注意事項

いや~
えらい大ハマリしてしまいました。P2V。
灯台下暗しとは、まさにこの事。

某社製鯖上で動いてるシステムを仮想環境へ持ってくんですが、
物理鯖の方は、当然RAIDカードが入ってます。

が・・・・

仮想マシンの方は、当然タダの仮想SCSIカードに
接続されているわけです。
(まぁ・・・当たり前過ぎるんですが)

ので、イメージを復元したら、以下の作業をお忘れなく。
こちらのサイトが、ひじょーーーーに参考になりました)

  1. ISOイメージからboot
  2. linux rescueで起動
  3. chroot /mnt/sysimageする
  4. /etc/modprobe.confに以下の行を追加する。

    alias scsi_hostadapter mptbase
    alias scsi_hostadapter1 mptscsih
    alias scsi_hostadapter2 mptfc
    alias scsi_hostadapter3 mptspi
    alias scsi_hostadapter4 mptsas
    alias scsi_hostadapter5 ata_piix
    alias scsi_hostadapter6 ahci

  5. あとは必要に応じてホスト名やらネットワーク周りの設定を書き換える
  6. mkinitrdする
    cd /boot
    mkinitrd hoge-0.0.0.img hoge-0.0.0 みたいな。
    (hoge-0.0.0は、 /lib/modulesにあるkernel モジュールディレクトリの名前そのものでし)
  7. grub-installする
    grub-install /dev/sdaみたいな。
  8. 仮想HDDからbootしてみる
  9. チェックして完了〜♪
  10. 途中、kuzdoが出てきたら、適度に進めましょう
    (ついでにIPも変えちゃう?)
  11. ホスト名やらIPアドレスを変えちゃいましょう〜
  12. 念のためRebootします
  13. 後は引き渡して、終了〜

あまりに基本的なこと過ぎて、SCSI HBAの事をすっかり忘れていました・・・・・orz

[`fc2` not found]