TAG

X68000

X68030きたー

と言うわけで、我が家にも遂にやって来ました。あの頃とても手が出なかったX68030。 こうして並んでると、何とも感慨深いものが… Related posts: iTunesからデバイスが認識されない件について。 〜解決編〜 4Kモニター一考

X68000に投じたお金を振り返る

さて、ヤフオクで一体いくら使ったの? えーちょっと入手から時間が経ちまして、多少頭も冷えてきたので、ここまでいくら使ったかについて、振り替えておこうかなと思います。 結論を先に申し上げますと、合計で¥234,287-大人のおもちゃはお金かかりますね〜 始まりはヤフオクで見かけたX68000XVIでした。ずっと高嶺の花と流しみていたのですが、みた感じお買い得な感じがして、気がついたら入札ボタンをポチ […]

X68000 HDD容量の上限について

X68000が販売されていた当時と、現在ではストレージの桁が文字通り違っています。そこでどこまでが上限なのか、ちょっとネットの海を漁ってみました。 結論として、さば技研さんのBlogでも記載がありますが、32GBまでが利用可能な範囲となるようです。 手元の環境で検証をしてみましたが、32 GBまでは使えず、取り敢えず1GB+1GB+10GBとしました。念の為、GOVERHD.Xも適用してあります。 […]

RaSCSIを構築する

X680x0に限らず、昔のPCでハードディスクと言えばSCSIがデファクトスタンダードでした。ので今調達しようとすると大変ですし15年以上前のハードディスクを使うのもちょっとなぁ…と思っていたところラズパイでSCSIデバイスをエミュレーションするソリューションが既にあるとの事。コレを使わない手は無いですよね(笑)まぁ構築に当たってはLinux(Rasibian)の知識が必須ですが、コレ触ってる人達 […]

令和版X680x0に最適な液晶モニター

ご存知の通り、X680x0に使いまわせる液晶モニターは限られる訳ですが、色々情報を集めてみるとない事もない。 そこでワタシはDell 2314Hfに目をつけてみました。 買ってきて自動調整掛けただけで31Khzは余裕でクリア。ダメなモノは画面下のファンクションキーが見切れると聞いていたので、この時点で小躍り(笑) しかし15Khzは?と思ったのですが、生憎手元に確認するためのツールが無かったのです […]

X68000XVIに付いてきたアイテム達

とりあえずメンテナンスから帰ってきたので、中に何が入っていたのかチェックです。 先ずは驚きの純正ハードディスク。まさかこんなレアアイテムが入っていたとは…ここにはSX-Windowがインストール済みでした。 お次は数値演算コプロセッサー。コレも当時高嶺の花でしたね〜 そして、なんと驚きの10MB増設RAMカード!当時こんな高価なカードは手が出ませんでした。この子はメモリーエラーが出ていて、swit […]