仮想環境更新 〜Part1 ストレージ鯖について〜

こちょこちょ書いてたら、意外にまとまってきた。

現在、運用中のストレージ鯖について、ちょっと思うところを。
仮想化環境見直しの一環なので、どこまで出来るかわかりまへんが・・・・(RAIDカードもう一枚足して、Expander経由で大量の玉載せてみますか・・・・)

  1. 既存のストレージ鯖へ色々追加
    1. RED 3TBを2本追加
    2. SSD 1TBをキャッシュ用に追加
    3. iSCSI+NFS向けセグメント用NIC追加
    4. メモリを32GB搭載する
    5. 専用にUPSを用意する(NICも追加)
  2. 既存のストレージ鯖のストレージの再構成
    1. RAID6+HSでRAIDを再構成
    2. Cache用に1000GB以上のSSDを追加
  3. iSCSI周り
    1. バッキングデバイスを物理パーテーションを使用する(ここはVMwareしか使わない領域)
    2. バッキングデバイスをファイルの構成(バックアップ用領域。ZFSを使う。ここはVMwareから使えるようにするかも)
    3. 複数のNICを利用するように
  4. NFS周り
    1. iSCSIと同じ物理インターフェースを使用する
    2. VMware向けデータストアとしての使用はしない。(仮想マシンからのアクセスを想定)
  5. Samba周り
    1. 現行を踏襲するが、共有で使用するファイルシステムをZFSに(/Share/SMBディレクトリを使用)
  6. Netatalk周り
    1. 現行を踏襲するが、共有で使用するファイルシステムをZFSに(/Share/afpディレクトリを使用)
[`fc2` not found]

我が家のインフラToDo

WordPressでToDo管理出来るようなプラグインないかなぁ・・・・・。
Google Calendarと連動出来ればいうこと無いんだけど。
こうやって散発的に書いてると忘れるので。
(それにしてもやること多いな)

これまでSambaに挑戦したり、
netatalkに挑戦したり、
色々もんどり打ちましたが、何とか出来上がったようです。

今のところ、アカウントとDNSはActive Directoryが。
SMBは、Samba4が。AFPはNetatalkがやってくれてます。

が、残課題もあります。
こいつはちょっと時間のあるときに試してみようと思います。
・ネットワークゴミ箱機能
 (Sambaに有るのは何となく解ってるんですが、Netatalkにあったかな?)
・システムバックアップの取得
  こいつはちょっとイケないことをしないとダメかも。TSMのお勉強がてら色々やってみますかね。流石にAIXじゃ無理なのでLinuxで。
  でも肝心のStorage鯖のバックアップはどうするかな
・UPSの接続と設定
  少なくともStorage鯖と追加するNAS分位はUPSで保護しないと。
  VMwareの方は、まぁ最悪vCenterから落とす方向で。
・二次バックアップの実施
  今Google Driveに1TB、OneDriveに1TBあるので、そいつらをStorage鯖から見えるようにして、定時バックアップを取るように。
・Muninでちゃんと統計を残す
  やりかけで放ったらかしですが、そろそろちゃんとやって傾向見ないと。
・UPSをもう2台買い足す
  500VAのUPSを後2台足したい。
  こんだけ分ければ時間持つかな。
  (バッテリー駆動時間を計算する必要がありますが)
・ESXiホストをもう一台追加する。
  なんでこんな事やってるかって?
  今はvSANやってみたいんです。(コレも結構な投資になるよなぁ・・・・・)
・AWSのVPCにもウチのドメイン伸ばしてやる
  VPCのお勉強がてら、色々やってみたいんです。(VPNで繋がるトコまでは来ました)
  1個1年間無償で使えるインスタンスはあるんで、そいつもADに参加させないと。
  (此処は固定費が発生しますが、今のところ吸収できるかな。AWSに関するSkill付けないと)
・vShpere6を試す。
  メモリさえ増えれば、ESXi on ESXiか物理鯖をもう一台足して・・・・・(電気代はさておき)
・Storage鯖のDisk周り見直し
  3TB*7本に持って行きたいです。(RAID6+HotSpare)
  後、FastPathやら高速化系を色々やりたいんです。

後は某社NAS見たいなWebGUIですかね。
コレはコマンドレベルで管理できるので、無くてもいいんですが。

それにしてもiSCSIをしゃべるNASがもう一個欲しい。
(VMware絡みのバックアップも、今のストレージ鯖の一次バックアップも取りたいんですよね)

よかったら、他の記事も見てやってくださいませませ。

[`fc2` not found]

ESXiでHDDを使いまわすときのお作法

稼働中のESXiに今まで使ってたHDDを使いまわすにはちょっとお作法があります。
(はずす前にパーティションまっさらにしとけば、この手間はありませんが)

先ずは追加したHDDが認識されてるかどうかを確認します。
色々見えてますが、今回追加したのは、Western DigitalのWD2002FAEXなので
ちゃんとディスクとしては見えていますね。

では、デバイス名がわかったので、今のパーティションテーブルを確認しましょう。
どうやら、4つ切られているようです。

ちなみに、それぞれの意味はこんな感じみたいです。(Thankyou! Google!!)

1 40 1060289 131 128
2 1060296 2120579 252 0
3 2120584 3906011969 5 0
4 3906011969 3907007999 251 0
| | | | |
| | | | \--- attribute
| | | \------- type
| | \------------------ ending sector
| \----------------------------- starting sector
\------------------------------- partition number


Linux - 0x83 = 131
Linux SWAP - 0x82 = 130
Linux LVM - 0x8e = 142
Linux RAID - 0xfd = 253

ここで、デバイス名が確認できましたんで、ばっさり消します。

さて・・・消えたかな?

はい。きれいさっぱり消えましたw
(vCenterから消せたら、こんな面倒なことはしなくて良いんですけどね・・・・・)

[`fc2` not found]

NIC交換後のiSCSIについて

効果バツグン!
やっぱしServerAdapterに替えよう。
nmon_20141127

[`fc2` not found]

iSCSIでガリガリアクセスしたら・・・

巷ではiSCSIはオーバーヘッドがデカイと申しますが・・・・

Windows Server 2012インストール中の一コマ。
cpuusagesample
なんじゃこりゃー

CPU挿げ替えかなぁ・・・

と、いうわけで・・・・
余ってたIntelのNIC(Desktop Adapter)をぶっ刺してみたところ
レイテンシーが10倍向上しましたとさ(ちゃんちゃん)

[`fc2` not found]