マウント変更!

Eマウントにしたので、我が家にあるFマウントのレンズたちを使えるように
マウントアダプタを買ってみました。

最新のファームにアップデートしたあと、以下のレンズでチェックチェック。
・300/4
・60/2.8

ちょっとフォーカスが怪しかったりしましたが、VRもしっかり効いているみたい。
後はフィールドに持って出て・・・かな。

超広角はFマウントにしようと思っているので、ちょっと悩み中。

[`fc2` not found]

カメラ、総取っ替え。


いろいろ思うところがあり、思い切ってマウント変更しました。
いや、機材なんて割とどうでもいいんです。
シャッターチャンスをどん欲に狙っていきます。
でもあと数本、レンズ買わないとなぁ。
そうなるとボディー2台必要か。
まぁ、よくある「ニワトリとタマゴ」です。

[`fc2` not found]

Office365のExchange OnlineをSMTPサーバにする

一見簡単そうでしたが、意外とハマったのでメモがわりに残します。
色々過程はありましたが、これでウチは動いてますよ的な。
書き終えて気がついたのですが、ウチのBlogのカテゴリーにpostfixがないとは!
まぁ確かに普段のpostfixならちょっとググれば判りますからねぇ・・・・

やりたい事としてはroot@fugafuga.org宛に届くメールをhoge@fugafuga.orgローカルのアカウントに転送させてそれをO365のメールへ転送するという事です。
(ややこしくてすみません)

2017年7月5日まではSMTPコネクタ経由で外部のドメインに配送し放題だったのですが、ルールがかわってO365のメールボックスか特定の認証済みドメインにしかSMTPで配送出来なくなりました。
無制限にO365経由でインターネットにSMTP配送は出来なくなったのでご注意ください。

  1. 下ごしらえ
    動作の要件として25番ポートが開いてないとダメなので、お手持ちのファイヤウォールでポートを解放してください。
    また、ライセンスなしのユーザを追加しておきます。
    ここでは、rootという名前のユーザを追加します。
  2. Exchange onlineを設定する
    まぁ当たり前のことなんですが、Exchange Online 管理者ページはPCからアクセスしましょう。私スマホからポチポチやって設定出来ずにハマりました(電池も相当減りました・・・)こちらもこちらのサイトにたどり着くまでわからないことだらけでしたが、
    サイトの記事を読めば一撃でした。だっちさんありがとー11やることは簡単で、SMTPの送信コネクタを新規に作成します。
    作成時の注意点としては、途中に出てくる「Exchangeの内部ヘッダーを残す」のチェックを外し忘れないようにすることくらいでしょうか。
    設定が反映するまで少し時間をおいた方がいいかもしれません。
    (仕事の合間にやっていたので、気がついたら時間が経っていましたのでどこまで即時性があるかはわかりません)
  3. Exchange onlineの設定を確認する
    postfixに必要な設定をOffice365管理センターからもらってきます。
    管理センタートップペーン->ドメインで表示される「規定のドメイン」をダブルクリックします。
    しばらくするとゴチャゴチャとDNSレコードが表示されますが、Exchange Onlineの項目に表示されているMXレコードのホスト名をメモっておいてください。postfixの設定で必要になります。
  4. postfixを設定する
    まず、外部とやりとり出来る所までpostfixを設定します。
    (この辺はぐぐると一撃です)
    で、以下の設定をmain.cfの末尾に追記します。
    必須ではありませんがTLSでSMTP通信を暗号化しておきます。
  5. テストする
    では、実際に送信してみましょう。
    設定では全てのメールをO365側に飛ばすことになっていますので、
    家鯖内部のアカウントに対してメールを送信してみます。
    mail hoge@fugafuga.comコマンドを実行した時の/var/log/maillogに出力される内容です。
    ログにある通り、TLSで通信を保護してO365側にリレー出来ていることがわかります。

    いやー
    ここまで長かった。
    仕事してるフリして1日コレやってました(コラマテ)
[`fc2` not found]

Tunderbolt Doc沼からの解放

ようやくThunderbolt Docからの悪夢から解放されたみたいです。
今のところSleepからの解除でも外付けDisplayやUSBドライブも
ちゃんと認識しています。
もうしばらく様子をみようと思いますが、多分大丈夫な風味です。
今回はCalDigitのTS3にして漸く落ち着きました。
みなさん、Thuderbolt Docならコレが買いです。

[`fc2` not found]

Thunderbolt Dock沼にハマる。

MacBookProを新調したのだが、ケーブルが四隅からびよびよ伸びるのが
大変嫌だったので、Dockの導入は必然でした。

が、今のところ失敗だらけ。
皆様の参考になればと思います。

環境としては、以下の通りです。
本体:MacBookPro 2017
外部モニタ:LG 27DU58-B(4Kの安物モニタです)

最初に購入したのはBelkinのThunderbolt3(以下TB3) Dock。
よく判らずAppleStoreで購入しましたが、これが大外れ。
DisplayPortは4K30Hzだし、DisplayをSleepさせると
100%DisplayPortのケーブルを差しなおさないと映りません。
よくこれで製品として出してるな(怒)のレベルでした。
また、TimeMachine用にUSB HDDを付けていますが、電源OffOnしてもドライブ側の電源OffOnをしないと認識されませんでした。
これは買ってはいけません。


次に購入したのがOWC THUNDERBOLT3 DOCK。
こ奴は某所で購入するときに「Belkinの件もあるし、あまりお勧めできない」と
会計後に言われ、「まぁしゃーないか」と思って帰ってきましたが
店員さんの言うことは間違ってないことを高い授業料を払って確認することになりました。
こ奴もDisplayをSleepさせると復帰後、80%位の確立でMiniDisplayPortケーブルの抜き差しが必要で、酷い時には抜き差ししてもデスクトップは拡張されているのですが、外部ディスプレイには何も表示されず。
こちらも同じく、TimeMachine用にUSB HDDを付けていますが、電源OffOnしてもドライブ側の電源OffOnをしないと認識されませんでした。
もー自分の見る目の無さにあきれ果てております。

次に買おうと思っているのが、某店店員も「これなら大丈夫ではないか」と言っていたています。(CalDigitは日本語ホームページもあり好感が持てます)
こちらのレビューは購入後に。

 Thunderbolt Station3にしようと思っ

[`fc2` not found]

PC新調~計画編

ちょっと小銭がたまったのでPCなど新調してみようかと。

CPU:Core i7 7820
M/B:X299なもの(適当。安価なもの)
GPU:GeForce1070(まぁそこそこの性能で)
RAM:32GBくらい(8GB*4が適当か)
SSD:500GB以上のM2SSD

あとは適当に必要そうなものを集めるとして。
電源どのくらい必要なんだろうか。

というか一からPC作るの何年ぶり?
しかも新品で一からなんてねぇ。

OS何入れようかなぁ。

[`fc2` not found]

家鯖レスキュー3

終わったと思っていたsambaに大ハマり・・・・orz
その煽りでnetatalkも・・・・・。

sambaはFirewallとパーミッションに。

パーミッションはグループをAD側のセキュリティグループを割り当てておく必要がありました。
ADのセキュリティグループを名前で設定するやり方が分からなかったので、こんな方法でやって見ました。

 

netatalkもFirewallとパーミッションに。(パーミッションはSambaで解決)

でも共有一覧がCommand+kで接続した後に出ないのが謎。もうちょっとログ調べないと…orz

とりあえずここまで復旧できた。
nginx
bind
postfix
samba
netatalk

残りは
・guacamole
・VirtualBox

そういえばreboot後にNICが自動接続出来ないのも調べないとなぁ…

まだまだ先は長い…orz

[`fc2` not found]