ファイルサーバの更改 Part7 〜Sambaインストール編〜

今更Samba、されどSamba

今更Sambaについて言及する必要があるのかという疑問もありますが、本ブログは私の備忘録でもあるのでいいのですw

Sambaでやるべきこと

やりたいこととしてはだいたいこんな感じです。
これだけなんですが、色々やることがあります。

  • 既存のActiveDirectoryに参加する
  • ファイル共有サービスを提供する

既存のActiveDirectoryに参加する

ActiveDirectoryに参加すると言ってもやることが色々とありまして・・・・
これは今も昔も変わりませんねw

  • krb5周りを整える
  • DNS周りを整える
  • PAM周りを整える
  • Samba周りを整える

さて・・・どれからてをつけますかねぇ。

krb5周りを整える

ActiveDirectoryではKerberos認証が出来ていないとお話になりません。
まずはこいつから片付けていきましょう。
うちのkrb5.confを晒してみようと思います(ぉぃ)
みなさんの環境へ取り込むときはぶっちゃけADMKAZUYA.ORGレルムをみなさんの環境に合わせてください。
ここで大文字で記載されている部分は大文字でないとダメなのでご注意ください。

DNS周りを整える

ActiveDirectoryではDNSに依存しているので、ちゃんとLinux川でActiveDirectoryが提供しているDNSを参照するようにしましょう。
我が家の場合、WindowsServer2016が2台いますので、そいつに名前解決しろ=と/etc/resolv.confに書くだけ。これだけですよw

う・・・なんじゃこりゃ。

当初、設定済みのファイルを戻せば動くと思っていたのですが・・・・・
ご覧の通り妙なアイコンに・・・・・

こんな時はGoogle先生に聞いてみましょう。
最新のSamba Wikiによると、このような設定を施す必要があるようです。
さてさて、これで動きますでしょうか・・・

その後、散々手を尽くしてもマウントできなかったのですが、SELINUXをdisabledにすると・・・・
無事マウントできました。

最後に

このシリーズをご覧頂いた全ての皆様へ
参考になればと smb.conf 全部晒してみます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。