NAS再構築 〜iSCSIターゲットの設定

見事にぶっ壊れて頂いたNAS鯖ですが、実はESXiのデータストアも兼用しておりました・・・・。

ので、気を取り直して再構築です。

“NAS再構築 〜iSCSIターゲットの設定” の続きを読む

[`fc2` not found]

NAS 再構築 〜痛恨の一撃〜

前のエントリーからひと月空いてしまいましたが、実は先日NASのbootドライブがクラッシュ・・・orz

現在、懸命に復旧作業中なので、結果はおいおい。
大事なデータが飛んでなかったのが幸いです。
(iSCSIのエリアのサルベージが十分でなかったのが痛い・・・)

みなさん、バックアップはちゃんと取りましょう!

[`fc2` not found]

ファイルサーバ再構築 〜準備編〜

さて・・色々インストールしまくったので、
一旦リセットする意味合いも含めて、綺麗に入れ直し。

“ファイルサーバ再構築 〜準備編〜” の続きを読む

[`fc2` not found]

仮想環境更新 〜Part1 ストレージ鯖について〜

こちょこちょ書いてたら、意外にまとまってきた。

現在、運用中のストレージ鯖について、ちょっと思うところを。
仮想化環境見直しの一環なので、どこまで出来るかわかりまへんが・・・・(RAIDカードもう一枚足して、Expander経由で大量の玉載せてみますか・・・・)

  1. 既存のストレージ鯖へ色々追加
    1. RED 3TBを2本追加
    2. SSD 1TBをキャッシュ用に追加
    3. iSCSI+NFS向けセグメント用NIC追加
    4. メモリを32GB搭載する
    5. 専用にUPSを用意する(NICも追加)
  2. 既存のストレージ鯖のストレージの再構成
    1. RAID6+HSでRAIDを再構成
    2. Cache用に1000GB以上のSSDを追加
  3. iSCSI周り
    1. バッキングデバイスを物理パーテーションを使用する(ここはVMwareしか使わない領域)
    2. バッキングデバイスをファイルの構成(バックアップ用領域。ZFSを使う。ここはVMwareから使えるようにするかも)
    3. 複数のNICを利用するように
  4. NFS周り
    1. iSCSIと同じ物理インターフェースを使用する
    2. VMware向けデータストアとしての使用はしない。(仮想マシンからのアクセスを想定)
  5. Samba周り
    1. 現行を踏襲するが、共有で使用するファイルシステムをZFSに(/Share/SMBディレクトリを使用)
  6. Netatalk周り
    1. 現行を踏襲するが、共有で使用するファイルシステムをZFSに(/Share/afpディレクトリを使用)
[`fc2` not found]

CentOSでiSCSIターゲットに挑戦してみる

我が家のストレージ鯖を綺麗さっぱり入れなおしたので、
改めてiSCSI ターゲットも設定しなおしてみました。

もちろん、こちらを参照させて頂きました!

先ずは、targetdのインストールから。
yumでインストールなんで楽勝ですw

さて・・・設定していきましょう。
新ストレージ鯖のディスク構成はこんな感じなので、
今回は/dev/sda4と/dev/sda5をiSCSIで利用することにします。

設定ファイルは、/etc/tgtディレクトリに入っています。
/etc/tgt/tgtd.confと/etc/tgt/target.confについては、触らなくて良いと思います。
/etc/tgt/conf.d/sample.confを参考に、
新たに/etc/tgt/conf.d/nas01.confを作成します。

良くわからなかったのが、バッキングストアとダイレクトストアの
違いですがGoogle先生に聞いてみた感じだと、こんな風だそうです。

名前 意味
バッキングストア ファイル
ブロックデバイス
/path/to/target.img
(ddコマンドで、dd if=/dev/zero of=hoge.img bs=1k count=100見たいな感じで作ります)
/dev/mapper/lvm_sample
/dev/sda4 等々
ダイレクトストア ローカルの SCSI デバイス /dev/sdd

ウチはこんな感じで、バッキングデバイスとして構築してみました。
今回は諸々の事情で、LUNを2個用意することにしました。

設定できたら、tgtdを起動して、起動できたかを確認します。
どうやら起動できたので、tgtdを自動起動するようにしておきます。

では、iSCSI Targetとしてうまくいけてるかを見てみましょう。
ちゃんとLUN1とLUN2がDiskとして見えてますね。
(LUN0は必ずコントローラーに見えますので、ご注意を)

さ・・・後は、イニシエーター側から見えるかですが、それは後程。

[`fc2` not found]

結局Storage鯖は・・・・・

Storage用の鯖については、色々試しましたが・・・・・・
どれも一長一短。

ので、CentOS7をスッキリ入れなおすことにしました。

という訳で、やらせたい事なんぞを。

  1. Active Directory下でのSMBファイル共有
  2. Active Directory下でのAFSファイル共有
  3. 仮想化環境向けのiscsi target
  4. クラウドへのバックアップ

さて・・・色々仕掛けます。

  1. ntpdateで毎日時間チェック(宅内鯖宛)
    /etc/cron.dailyディレクトリにちゃかちゃかっとコマンド吐くシェルを置きましょう
  2. epelリポジトリの追加
    (ウチはepelを追加で入れてますので。理由は余りありませんがw)
  3. 定番のnmonを入れておきましょう。

  4. 以下、追記予定。

  5. MegaRAID諸々を入れます(ハードウェアRAIDカードもリプレースしたので)
  6. Samba4に挑戦。
  7. netatalkに挑戦
  8. iscsi targetdに挑戦
  9. クラウドへのバックアップ(Google Drive宛)に挑戦

さて・・・ボチボチ構築して行きますかね〜

[`fc2` not found]

iSCSI Performance issue

個人の限られた環境では、色々限界が有りますが・・・・・・
できるかぎり頑張ってみようかなと。

この辺やあの編など・・・色々Google先生に聞きつつ・・・・・。

色々頑張ってみましたが、やっぱり最後はNICでした。
本当はLANカード2枚にスイッチ2個用意して、ロードバランシングすると更にパフォーマンス出るんでしょうが・・・・

おとーちゃんのお小遣いだと今の環境が精一杯かも。
あとは会社でやるか・・・・・。

一度、ちゃんとベンチ取ってみるか。

[`fc2` not found]

tgtd色々

色々あって、tgtdは再起動出来ないけど、動的に消したい場合・・・・
こんな感じに、一気にやります。
(こうしないと、再接続しやがりましたw)

で、新たに追加するわけですが、諸々の事情からこんな風にしたいと思っています。
・バッキングストアは空のファイル(10GB*3個+100GB*10個)
・10GB+100GB+100GBの組み合わせを1セットにしたい

そんな時は、こうしましょう。
1行目はコントローラー作成。
2行目~4行目はLUN追加
5行目は何処からのアクセスを許可するか。

後は、使いたい鯖からごにょごにょすればおkw

[`fc2` not found]

NIC交換後のiSCSIについて

効果バツグン!
やっぱしServerAdapterに替えよう。
nmon_20141127

[`fc2` not found]

iSCSIでガリガリアクセスしたら・・・

巷ではiSCSIはオーバーヘッドがデカイと申しますが・・・・

Windows Server 2012インストール中の一コマ。
cpuusagesample
なんじゃこりゃー

CPU挿げ替えかなぁ・・・

と、いうわけで・・・・
余ってたIntelのNIC(Desktop Adapter)をぶっ刺してみたところ
レイテンシーが10倍向上しましたとさ(ちゃんちゃん)

[`fc2` not found]