Google Adsenseに登録しようとしたら大ハマりした件 ~設定編~

最初に ~Adsense落ちまくり~

ちょっとスケベ心があったのは事実ですが、Google Adsenseに挑戦してみたいというのがございまして・・・・。 で、申請してもダメを食らいまくりでした・・・・。 こんな感じです。

落ちる理由について

結局なぜ審査不能となるのかが判らず、Google Adsenseフォーラムへ投稿したところ こんな答えが返ってきました。(お答えいただいた皆様、ありがとうございました!)
  • www.admkazuya.orgとblog.admkazuya.orgはAdsense的に違うサイト →つまりリダイレクトではダメという事
  • 初回の申請なので、www.admkazuya.orgとadmkazuya.orgでの申請が必須 →初回なので、wwwから始まるFQDNとドメイン名のみでアクセスできることが必須 →Google側からDNSで名前解決が正しくできることが必須 PageInsight(要するに国内では無く北米にて)から名前解決できる事が必須要件でした
そして色々な設定を見直すところが始まります。 とりあえず時間のかかる設定から。

DNSの設定

こいつばかりは時間がかかるので、早めにやりましょう。 うちのDNSレコード設定例ですが、例にある通り、admkazuya.orgのレコードを定義するために 名前がないAレコードを追加することが必要になります。 また、wwwレコードは、外向けグローバルIPアドレスのCNAMEとして定義してあります。 またレコード情報は一部抜粋してマスクしてあります。
             IN A 219.117.231.170  ←ここ重要 hoge      IN A 219.117.231.170 www     IN CNAME hoge

Webサーバ側の設定

我が家のWebサーバはnginxを利用しています。(もーApacheには戻れません) 今はnginxより簡単なサーバもあるようですが、もう運用慣れちゃったので当分動かないと思いますw 与太話はさておいて、現在 https://blog.admkazuya.org/ で構築していましたが、 申請のために https://www.admkazuya.org/ と https://admkazuya.org/ からの アクセスも受け付けるようにしなくてはなりません。 ※後でサブドメインの登録はできるのですが、初回の申請では、ちょっと勝手が違います。 nginxの便利なところに、/etc/nginx/nginx.conf.d にサイト事の設定を個別に書けることが あるのですが、今回だけは /etc/nginx/nginx.conf に直接設定を書く必要がありました。 私のサイトの設定はこんな感じにしてあります。 まず、http://admkazuya.org/ にアクセスがあった場合、 https://www.admkazuya.org/ へ無条件に転送(リザルトコード301で)するようにしました。
server { listen 80; server_name admkazuya.org; rewrite ^(.*)$ https://www.admkazuya.org$1 permanent; }
次に https://www.admkazuya.org/ と https://admkazuya.org/に アクセスがあった場合の書き方ですが、こんな感じにしました。 またphp処理高速化のため、php-fpmも入れていますので、その設定もお忘れなく。
listen 443; server_name www.admkazuya.org admkazuya.org; index index.php; root /hoge/fuga/mogo; ~中略~ location ~ \.php$ { fastcgi_pass unix:/var/run/php-fpm/php-fpm.sock; fastcgi_index index.php; fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name; fastcgi_intercept_errors on; include fastcgi_params; }
さて、あとはDNSの伝播を待つだけです。