理想のキーボードを求めて

メカニカルキーボードが理想なのか?

賛否両論あると思います。
ラバードームキーボードも決して嫌いなわけではなのです。
でも、私が色々触ってきたキーボードの中で良かったのは
やはりメカニカルキーボードでした。

メカニカルキーボードと言えば・・・

IBM 5576-002 Keyboard-2

まず頭に浮かぶのはコレでしょうか。
初めて触った時に「おおっ!」と思ったものです。
当時はPS2全盛期で、後にUSB変換アダプターを使って利用していました。

東プレ Realforce 106

これが発売されたときも衝撃的でしたね。
当時は高くて買えませんでしたが、今でも高級キーボードの代名詞的存在なのは
疑いの余地はありません。

Apple keyboard M0116

私が初めて触ったMacintosh SE/30に合わせて置かれていたのが
このキーボードでした。
なんと形容して良いのか本当に難しいのですが・・・・。
とにかくカタカタとタイプする感じが心地いいのです。
長い事探していましたが、ようやく程度のいい個体に巡り会えました。
Hackintoshでも相性抜群(笑)
この子は長く使いたいと思っています。

まとめ

キーボードやマウスなど、直接体に触れるデバイスは
使い手の好みが如実に現れますね。
実際こうやってM0116でタイプしていると心地よく記事が書けていますw
(ただの自己満足に過ぎないのですが、趣味の世界なのでご容赦を)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。