RaSCSIを構築する

X680x0に限らず、昔のPCでハードディスクと言えばSCSIがデファクトスタンダードでした。ので今調達しようとすると大変ですし15年以上前のハードディスクを使うのもちょっとなぁ…と思っていたところラズパイでSCSIデバイスをエミュレーションするソリューションが既にあるとの事。コレを使わない手は無いですよね(笑)
まぁ構築に当たってはLinux(Rasibian)の知識が必須ですが、コレ触ってる人達にはあまり問題にならないかな?w

というわけで、GIMONSさん謹製のRaSCSIを設定していきましょう。

RaSCSIのバイナリを解凍する

さて、ラズパイにログイン出来たら端末を開いて、必要なソフトをダウンロードしましょう。
アーカイブを解凍すると色々は言っていますが、必要なファイルは./bin/rasverrypi.tar.gzに含まれるバイナリーですので、そこをさっくり解凍します。さまざまなRaSCSIハードウェア向けのバイナリが同梱されていますが、ここではfullspec版を利用することにします。

色々反則技かもしれませんが、RaSCSIのバイナリを直接PATHの通っているところへコピーします。

仮想ハードディスクのイメージファイルを用意する

ハードディスクとして使用する場合に限らず、SCSIデバイスとして利用したい場合には、イメージファイルを準備する必要があります。
1GBのイメージファイルを用意するには、下記のとおりddコマンドで空っぽのファイルを作りましょう。

今回は、うちの環境の都合で、1GBのHDDイメージを2個分作成してみました。HDDイメージファイルの置き場所は仮にホームディレクトリ直下としました。

ファイルが出来上がったら、とっとと所定の場所へ置くことにしましょうか。
(この辺は好みの問題なので、各人ご自由にどうぞ)

RaSCSIが単体で動くことを確認する

それでは実際にRaSCSIが動いているかを確認していきます。
先ずはコマンドラインから起動して、期待した結果が表示されるか見ていきましょう。

このコマンドを実行すると、SCSI ID2でHDDが存在するように見えます。
以下のような表示になったらOKですので、Ctrl+Cでrascsiコマンドをいったん終了します。

実際にX68000にHDDとして認識するかテストする

コマンドラインで直接起動してRaSCSIとして動くことを確認できたら、いよいよX68000につないでみます。
その前に呪文を唱えておきましょう。

ここでは、3つのHDDとBRIDGEを設定しています。
BRIDGEを設定しておくと、イーサネットのドライバが使えるようになるので、忘れずに設定しておきましょう。またID4はRaSCSIに付属しているBRIDGEデバイス専用のドライバとなります。

この状態でX68000を起動すると、こんな感じに見えてきます。
うちの環境は、既に物理ドライブが2つあるので4ドライブと1デバイス見えている感じです。

FORMAT.XコマンドでSCSI装置を選択するとこんな感じです。

Human68K用デバイスドライバーのコピーとconfig.sysの書き換え

さて、HドライブにRaSCSIのX68000用ドライバが2つ入っているので、適当なディレクトリへコピーしておきます。まぁ起動ドライブのSYSディレクトリが妥当な線でしょうか。

ここでは、RaSCSI用ドライバーをconfig.sysへ追記します。
1つはEthernetドライバー、もう一つはRaSCSIが動作するRaspbianの特定のディレクトを直接Human68Kに見せるドライバーです。

RASETHER.SYSはイーサネットドライバでNeraidからの分岐だそうです。
ここではドライバーしか入っていないので、他に必要なプログラムたちは RetroPCさんのサイトから集めてくる必要があります。

RASDRV.SYSは、RaSCSIが動いているRaspbianのドライブを直接見せるプログラムで、起動オプションなしだと、/ディレクトリが見えます。
上記の例では/home/piがHドライブに見えます。

ここまで見えたら動作確認としては完了なので、一旦X68000を落として、コマンドラインから起動したRaSCSIもCtrl+C で終了しておきましょう。

RaSCSIをサービスとして起動するように設定する

ラズパイを再起動するたびに毎度RaSCSIを起動するのも面倒な話なので、ラズパイにインストールされているsystemdを使った自動起動を行うようにちょっとだけLinuxを触りましょう。

ファイルの内容は以下の通りですが、環境に応じてRaSCSIの部分は書き換えてくださいね。我が家の場合、2つのドライブと1つのBRIDGEデバイスが用意されるように仕掛けてあります。

ファイルを更新したら、念の為おまじないを唱えて(systemctl daemon-reload)、サービスを自動起動に設定(systemctl enable)して、起動状態を確認します。

ここまで来たら、一度Rasphbianを再起動して、X68000からSCSI HDDが見えるか確認できれば完了です。

長文お付き合いくださいましてありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。