X68060にむけて色々準備中

お買い物色々・・・・

例のブツが届いてから、色々お買い物しております。
詳細はまた後ほど・・・・。

とはいえ、X68060にするにはまだまだ越えなくちゃいけないハードルが聳えております・・orz

乗り越えないといけないハードルとは?

これだけお金使っても、まだ動く状態にはなりません。
何が残課題となっているのでしょうか。(うわ仕事してる時みたい・・・)

  1. X68030の実機
    本体がない事には何も始まりませんので(汗)
    本記事執筆時点では、実機は某大御所のところでメンテナンス作業中なのです。
    素性は綺麗な物だったので、メモリを12M に増設したのとNereidとMidorioriが刺さっています。
    (Midorioriについては、手元のXVIのMIDIカードと入れ替えを計画中)

  2. 060turbo BootROMの作成
    IPL改造な皆さんにはお馴染みのXEiJを手元のHackintoshに用意しています。
    ほんとにJavaだけであれだけ動くのは凄いですよね〜

  3. X68030のソケットへ履かせる下駄がわりのPGAソケットの手配
    本記事執筆時点では未入手です。
    ひたすらググりまくってたどり着いたスウェーデンのオークションサイトでやっと見つけたので、
    そこから買う事になると思います。(国際通販上等!)

  4. 実機への取り付けと動作確認
    ピカピカにメンテされたX68030に手を入れるのは・・・というのもあるのですが、
    ここまできたら腹を決めて060turboをインストールします!
    HDD(そう、私のはX68030HDなのです。)をRaSCSI BARE METALにリプレースする予定です。
  5. 060turboとして使うためのソフトウェアの入手
    まだ本格的に探しているわけではないですが、68060回りのツールがあると聞いているので、
    そのうちネットから落としてこないといけません。
    そういえば、最近si.rがアップデートされたとの情報もあるので、最新版を入手しておきたいですね。

何はさておき・・・・

先ずは例のブツです。
Boothのメールだけは見逃さないX68030さんなのでしたw
060turbo用のboot ROMも作らないといけないのでした。
(実機が帰ってきたらROMライター購入の見込み)

060turbo Replica

これを忘れてはいけません。

75MHzは挑まない事にしました。
定格で回します。まぁ毎度お馴染みのEBayさんですね。

MC68060RC50落札の図

まさかの・・・

まさかの・・・・72ピンSIMMですw
一応128MB(数字間違えてませんよw)です。
ハイメモリはたっぷり用意してみました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Amazon プライム対象