一から作る自宅サーバNo2

どこから手をつけようか

どこから手をつけるかですが、やはりグローバル向けの設定から。
とはいえ、精々OSのネットワーク設定とDNS位なので
その辺はグーグル先生にでも教えてもらうことにして
ローカルで使うSambaについて触れてみたいと思います。

Active Directory 配下でファイルサーバとして利用するために

我が家ではActive Directory環境がすでに構築されているので、ファイルサーバとして使いたい場合にはSambaの設定に一工夫必要になります。
(それにしても最近はパッケージのインストールで大概終わる便利な世の中になりましたね・・・・)

smb.confで書く内容について

さて、我が家の設定を晒しちゃいます〜
やっていることは単純で、以下のようなことをやらせています。

  1. ActiveDirectoryドメインに参加している
  2. ホームディレクトリを指定している
  3. 共有フォルダを設定している
  4. 共有プリンターは設定しない

我が家のsmb.conf全文

# See smb.conf.example for a more detailed config file or
# read the smb.conf manpage.
# Run 'testparm' to verify the config is correct after
# you modified it.

[global]
	workgroup = ADMKAZUYA
	realm = ADMKAZUYA.ORG
	netbiosname = nas01
	security = ads
        idmap config * : range = 16777216-33554431
        idmap config 2016DOM:backend = rid
        idmap config 2016DOM:range = 10000-15000
        obey pam restrictions = yes
        template homedir = /array/smb/home/%U
        template shell = /bin/bash
        kerberos method = secrets only
        winbind use default domain = true
        winbind offline logon = false
        dos charset = CP932
        unix charset = UTF-8
        wins support = yes


	#passdb backend = tdbsam

	#printing = cups
	#printcap name = cups
	load printers = yes
	#cups options = raw

[homes]
	comment = Home Directories
	valid users = %S, %D%w%S
	browseable = No
	read only = No
	inherit acls = Yes

[Share]
	comment = Share Folder for All Users
	path = /array/smb/share
	browsable = yes
	writable = yes
	read only = no

#[printers]
#	comment = All Printers
#	path = /var/tmp
#	printable = Yes
#	create mask = 0600
#	browseable = No

#[print$]
#	comment = Printer Drivers
#	path = /var/lib/samba/drivers
#	write list = @printadmin root
#	force group = @printadmin
#	create mask = 0664
#	directory mask = 0775