録画サーバを作る Part4 ffmpegビルド編

難敵だが必須

MPEG2 TSをエンコードするには絶対に必要なのですが、CentOSじゃパッケージ版がないし(妙なリポジトリを追加すればなくもないそうですが)、それじゃぁビルドしますかということで。

ffmpegビルドの下準備その1

さて、CentOS8ではデフォルトでは有効になっていないCentOS-PowerToolsリポジトリを有効にしましょう。結構いろんなツールが登録されているみたいですよ。

ffmpegビルドの下準備その2

FFMPEGをビルドするために必要なコマンドがいくつかあるので、パッケージでインストールできるやつはちゃちゃっと済ませてしまいましょう。

libx264のビルド

こいつがないとffmpeg をビルドしても思ったエンコードができないので、ソースからビルドします。それにしても最近は楽ちんでいいなぁ・・・・

ライブラリが出来たら、お約束のライブラリパスを通す作業をお忘れなく。
/etc/ld.so.confファイルに/usr/local/libを追記したら、ldconfigコマンドです。

ffmpeg のビルド

ようやく目的のffmpegをビルドします。
スペックによってはかなり時間がかかりますので、気長に待ちましょう。
ビルドが終わったらインストールをお忘れなくw
/usr/local/binにインストールされていることでしょう。

指定したオプションはこんな感じです。

  • –enable-gpl:GPLライセンスの承認
  • –enable_libx264:libx264の有効化
  • –emable-nonfree:GPLライセンスの承認
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。