CentOS7にMegaRAIDな何かを入れてみる【20160209追記】

2016年2月9日

lsiなRAIDカードを安価に仕入れたので、ソフトを入れていきましょう。
ダウンロードは公式サイトから。
そうそう。ファームウェアを最新にしないとSATA 6Gbpsがサポートされない模様。
(RAID6等は、オプションを買わなくちゃならんようです。)
※実はeBayで安く買えました。国内正規流通品の1/5だったんですもの。

  1. snmp関係をインストールする
    [crayon-5bcb6c49d4c1f724333336/]
  2. snmptrapdのバイナリにシンボリックリンクを張る
    [crayon-5bcb6c49d4c2a050472260/]
  3. 本体をインストールする
    [crayon-5bcb6c49d4c2d489770220/]
  4. おっと・・・これを忘れちゃいけませんね。
    [crayon-5bcb6c49d4c31072962194/]
  5. 起動はこちらから。
    直接起動スクリプトを叩いても動きませぬ・・・・(謎)
    [crayon-5bcb6c49d4c33101837199/]
    また、起動できたら、こんな感じでjavaのプロセスが3つ見えます。
    [crayon-5bcb6c49d4c35495524385/]
     
  6. 最後にcliなツールを入れます。
    [crayon-5bcb6c49d4c38249897981/]
    そうそう。終わったらPathを通しておいてくださいね。
    /opt/MegaRAID/storcliにインストールされます。

    で、物理ドライブの認識状況を確認してみましょう。
    (実はBIOSメニュー側で先に色々やってました)
    [crayon-5bcb6c49d4c3a147706222/]